福井県あわら市 H邸 (在来軸組工法)

カントリーハウスのデリケートトゥール
弊社のカントリーハウス

福井県あわら市 H邸 (在来軸組工法)

忘れもしない、あれは2年前の秋、突如現れた5人組。カッコよく言えばまるでGメン75の登場シーンのように…。そして居間でお茶を一服。話もそこそこに天井裏から床下まで分担して見て回り、これは何年前に増築しましたか、この蔵ははいいですね~ぜひ残しましょうと次々に、私に質問や提案をあびせかけてくる。

Ha-t.jpg

 出戸さんと出会うまでは、まあ年も年だし早く家を建てようかとハウスメーカーの展示場を休日たびに見て回る毎日だった。ただ。私の所はすごい田舎で、田の字の座敷があって、自分もいつ建てたのか、親からも聞いていないような小さな蔵がついている昔ながらの家。家の回りには樹木が生い茂り、素人の私でも一体どこからどうしてどうやったらいいのかわからない状態。ただ一つ、周りからも言われていたのだが、田の字座敷だけは残したい、それが絶対の条件だった。この条件に某メーカーが食いついてきた。女房はぜひヨーロピアンカントリーの家を建てたいという思いが強くなおネットなどで探している状態だったが、そこのセールスマンも、ネクタイをピシッと締めてまた好感度抜群なんだわな、これが(別にどこかと大違いと言っているわけではありません)。でも、いざ家作りの話となると、どこかが自分の考えとづれている。相手も一生懸命考えてくれてはいるのだが。
 そんな時、女房がみつけたデリケートトゥールのホームページ。女房は一発で「これだ」。私には「はたして座敷のリホームや庭のプロデュースまでやってくれるのだろうか」という不安も。1回出戸さんの家に行って、さてこの日の登場となった訳。「ひよっとして、これが俺の求めていたものかもしれない」。それからは話がとんとん拍子。デリケートトゥールの契約となった。
 それからの仕事っぷりはみなさん御存知の通り。次々と来る大工さんや壁屋さん、解体屋さん、設備屋さん、塗装屋さん、庭師さん…。みかけは怖そうだが話してみれば、みなさん面白くて、優しい人たちばかり。蔵を残す、残さないって事では二転三転したが家も順調に?進み(あの見積もり3回にはちょっと…)。
 さて現在、女房「いいわ~、快適・快適」と花の世話の毎日。お父さん(私)どこにも出かけなくなっちゃった。座敷にも時々行って寝っ転がったりして…。近所、いや見る人、見る人「素敵!」。3・11には東北大地震もあって、自分達の幸せに疑問を持ったこともあったが、とにもかくにもデリケートトゥールのみなさん「ありがとう!!」

建物の詳細はこちらからご覧ください。





デリケートトゥールは、石川県金沢市にある住宅工務店です | DELICATE TOOL (有)デリケートトゥール 石川県金沢市不室町は133-1 
TEL:076-236-1315 FAX(076)236-1310 Skype 定休日:第2・第4日曜
(C)Copyright 2003 DElicate TOol All rights reserved.
●